HOME サイトマップ メール
クラブ概要
会員紹介
大分RC歴史散歩
週報
リンク集
会長の時間
 
会長の時間 バックナンバー
2018.1.16 会長の時間
大分キャピタルRC 会長 大野保洋

まずは、大分市内9ロータリークラブ新春合同例会に多くのご参加をいただき誠にありがとうございます。本日は約300名のロータリアンが集っています。新年早々、活気に満ちた合同例会となり、重ねまして心より感謝申し上げます。

さて、昨年の4月にシカゴにて規定審議会が行われ、多くの制定案と決議案が審議され、ロータリーの歴史に残る立法案が採択されました。特にクラブ定款の第7条、9条はクラブの細則に規定すれば定款よりも細則が優先するという、これまでの常識を覆すものであり、いささか拙速な気もしていますが・・・要するに今回の規定審議会の決定により、すべてのロータリークラブは、例会や出席、クラブの構造、会員種類について、クラブ細則を修正することが可能となりました。このことがクラブに柔軟性を与えられたことであります。

その最大の理由はこのような柔軟性がないと、ロータリーでは今後、会員基盤の縮小と高齢化が続く可能性があり、会員減少に歯止めをかけられなくなるほど極端な会員構成となるからであると言われています。幸い、大分市内の9クラブにはその傾向は無いと信じますが、今後のことを考え、これからはすべて踏襲するのではなく、クラブの規模や文化(価値観)に見合ったクラブ運営を良く考え、皆で議論し、最も自分たちのクラブに適した運営方法を作り上げていくべきと考えます。企業経営と同じで変化や進化の無い組織はやがて淘汰されます。

しかしながら、最も大切にすべきはロータリーの原点です。親睦と奉仕からくる友情や、高潔性、リーダーシップ、多様性等、自身を高揚させるこのロータリー活動を通して、会員の皆様と楽しく、有意義に進めていけば未来は開かれると思います。本質的なものを忘れないことと、新しく変化を重ねていくこと、このバランスがいま求められていると思います。

最後になりますが、ロータリー活動、企業活動、何事にも前向きに、この一年取り組みたいと思います。皆様の健康とご発展を祈念して会長の時間といたします。

 
▲このページの上に戻る 
Copyright(c)2006 OITA ROTARY CLUB,All Rights Reserved.