HOME サイトマップ メール
クラブ概要
会員紹介
大分RC歴史散歩
週報
リンク集
会長の時間
 
会長の時間 バックナンバー
2018.11.6 会長の時間
大分ロータリークラブ 仲村会長

先週の火曜日は東京出張と重なり、お休みをさせて頂き三又副会長にご迷惑をお掛け致しました。後ほどニコボックスでお詫びいたします。皆様は三又副会長の時間をきっと楽しまれた模様で、うれしく思っております。

さて、東京二子玉川にある楽天本社のクリムゾンハウスにて、楽天トラベル朝ごはんフェスティバル2018に大分県代表として、全国の都道府県代表と戦ってまいりました。このイベントは今年で9回目です。仕組みとしては楽天トラベル加盟施設がこのイベントにエントリーし、ファーストステージでエントリーした県内の21の施設から、お客様に1施設を選んで頂きその得票数で大分県代表として選ばれます。セカンドステージは楽天クリムゾンハウスで行われ、47都道府県プラス北海道は2施設になり48の施設が6つのグループに分けられ、1グループ8施設が1時間半の時間制限内で、しかもキッチンカー内で、一般審査員の100名分と写真撮影と衛生管理用で105名分の料理を作ります。昨年は慣れないキッチンカーの調理でガスの火力は弱いわ、水は無くなるわで大変な思いをしましたが、今回は昨年の反省を踏まえ事前に仕込みを行って臨みましたので、比較的スムーズな調理提供でした。調理を行っている間にキッチンカーの装飾を行ったりチラシを配ったりし、その後、一般審査員の前で2分間のメニューやその経緯のプレゼンをしますが、何故か会長の時間よりもプレッシャーがありました。私達の戦いの相手は、熊本、鳥取、岡山、岐阜、東京、群馬、北海道と大分の8施設でした。私達は「乾しいたけポタージュの小籠包」という、大分県の名産である乾しいたけを使い、椎茸の風味と久住産の牛乳でポタージュをつくり、それを中華点心でも難しい小籠包の中に閉じ込めました。熱々の小籠包に国東産長崎鼻のひまわり油を数滴おとして頂くと、椎茸のうま味が口の中で広がります。世界でここしかない小籠包です。と自慢しながらファーストステージに行けるかなと思って舞台で待っておりましたが、岐阜県長良川の鵜飼いの鮎に負けてしまいました。岐阜都ホテルの「あゆ雑炊~香ばしい鮎チップを添えて~」プレゼンも可愛い女の子だったので、これも評価点に繋がった様です。悔しい思いでしたが2年連続大分県代表として、クリムゾンハウスで戦えたのは名誉でもあるし誇りにしたいと思います。

多くのお客様のご支持と、ロータリーの皆様のご支援の賜物として感謝を致します。有難うございました。

 
▲このページの上に戻る 
Copyright(c)2006 OITA ROTARY CLUB,All Rights Reserved.