HOME サイトマップ メール
クラブ概要
会員紹介
大分RC歴史散歩
週報
リンク集
会長の時間
 
会長の時間 バックナンバー
2018.12.4 会長の時間
大分ロータリークラブ 仲村会長

23日の市内9ロータリークラブ合同親睦ゴルフ大会にご参加頂き誠にありがとうございます。また、三又副会長兼実行委員長、実行委員の皆様ご苦労様でした。連覇を狙った今年度でしたが、我が大分ロータリークラブエースの突如の欠席やホストクラブとしてサポート役もあり、本調子が出なかった皆様ですが、やはり地力があるのでしょうか、我が大分ロータリークラブは準優勝と素晴らしい成績でした。表彰式も三又副会長のアイデアで今までと異なった家庭に喜ばれる賞品群と華麗なるブイサインの堤さんによる司会はテンポ良くみなさんを笑いの渦に引き込んでいました。久しぶりに記憶に残るゴルフ大会となったと思います。

前回の会長の時間でお話をさせて頂きました「大分ロータリークラブの戦略計画」キックオフとなるアンケートに多くの会員様から、忌憚のないご意見を賜り誠に感謝しております。また、このアンケートを基に大分ロータリークラブの「こうあるべき」ビジョンの大枠を作成し、クラブの現状を考慮してビジョンを調整し、ビジョンの実現に向け優先項目設定して今後3年から5年の年次で目標を設定して行き、実施状況を確認しながら大分ロータリークラブの更なる活性化を図って行かなくてはなりません。戦略計画を立案する際にパスト会長、会長、会長エレクト、次世代の会長からなる戦略チーム結成し、計画の立案と実行を監督して頂き、幅広い見解を取り入れるため、出来るだけ多様の会員様が立案に参加して頂きたいと思います。11月28日にキックオフとなる第1回目の戦略計画立案会議を開催させて頂きますが、私、どうしてもこの日は、抜けられない重要会議が東京本社で行われるので欠席させて頂きます。大変心苦しく申し訳ございません。今後、戦略計画をリードして頂くために、三又副会長を始めに多くの次世代会長候補の皆様で忌憚のない意見交換を行って頂き、戦略計画を立案して頂きたいと思います。私もできるだけサポートをさせて頂きたいと思います。

今日は職場例会です。ロータリーの歴史を振り返ってみますと、最初の会合は1905年2月23日、シカゴのノース・ディアボン街127番地にあるユノティビル7階のガスターバス・ローアの事務所で開催され、2回目はポール・ハリス事務所、3回目はシルベスター・シールの事務所、4回目ハイラム・ショーレーの洋服店、5回目はウィリアム・ジェンセンの事務所、6回目はハリ―・ラグルスの印刷所と職場を回り例会を行っておりました。従って職場例会はロータリーの原点でもあります。持ち回り例会がロータリーの語源となっていることは、以前お話させて頂きました。今日は、JRシティ様の裏の裏をしっかり探訪なさってください。

 
▲このページの上に戻る 
Copyright(c)2006 OITA ROTARY CLUB,All Rights Reserved.